メインコンテンツに移動

会社情報ごあいさつ

会長メッセージ

社内組織・ガバナンス体制を強化 よりボーダレスな企業へ

代表取締役会長 佐野 敏弘
代表取締役会長
佐野 敏弘

 エネルギー事業を取り巻く環境は大きな変化を続けています。再生可能エネルギーの拡大、CO2排出量削減への取り組み加速、業界の再編。こうした変化の中、2019年4月に既存の国内火力発電事業を統合し、燃料の上流・調達から発電、電力・ガスの販売に至る一連のバリューチェーンを一元化するという大きな節目を迎えました。
 私たちは会社設立時から、「グローバルなエネルギー企業を創出」「新たなエネルギー事業モデルを構築」「バリューチェーン全体の強化」という3つの基本理念を掲げています。この度の統合により、この基本理念を大きく前に進めるための環境がそろったと確信しています。
 世界最大級の燃料取扱量を誇る企業体として事業を推進していくために、社内の組織体制を刷新しました。同時にガバナンス体制の強化も図り、既成概念にとらわれない“ボーダレス”な組織を目指してまいります。これまで以上に変化を積極的に取り入れながら、一方で「日本のエネルギーを支える企業でありたい」という会社設立時からのマインドは引き続き守っていく覚悟です。
 今回の事業統合を機に、私たちはさらなるグローバル企業への成長を目指します。そして引き続き、国内には安定して安価なエネルギーを供給してまいりたいと思います。全てのステークホルダーの皆さまのご期待にお応えできるよう引き続き努力してまいります。

社長メッセージ

未来のクリーン・エネルギー経済のために

代表取締役社長 小野田 聡
代表取締役社長
小野田 聡

 株式会社JERAは、2015年4月の会社設立から段階的に統合を進め、海外事業を中心に多くの成果を挙げてまいりました。そして2019年4月1日完全統合を果たし、事業立ち上げ当初に計画した燃料の上流・調達から発電、電力・ガスの卸販売に至る一連のバリューチェーンを確立しました。
 私たちのミッションは「世界のエネルギー問題に最先端のソリューションを提供すること」です。具体的には、LNGインフラの開発、トレーディング事業の拡大、再生可能エネルギー事業の拡大、LNG火力の性能向上など、世界の流れをよく見極めながら、国内のみならず海外への事業展開をしていきたいと考えています。
 また、「暮らし」と「ものづくり」を支える電気やガスを、安全、安価で安定してお届けするという基本的な考え方を前提としながら、2025年には「クリーン・エネルギー経済へと導くLNGと再生可能エネルギーにおけるグローバルリーダーへ」というビジョンの実現を目指してまいります。すなわち、今まで培ってきた火力発電の技術を最大限に活用して、再生可能エネルギーの変動を吸収するLNG火力の運用やそれを可能にする弾力的な燃料調達、さらには洋上風力やバッテリーなどを導入した機動力の高い発電システムを構築してまいります。
私たちには資産とともに多くの人財が集まりました。この人財の能力をより一層高め、皆が協力して活力ある職場、明るく楽しい職場を築くことによってコンプライアンスを遵守し、社会に貢献できるグル―バル企業を目指してまいります。
何卒変わらぬご支援とご鞭撻を賜りたくよろしくお願い申し上げます。