メインコンテンツに移動

事業紹介 / 主な参画案件スール・ガス火力IPP事業

スール・ガス火力IPP事業

スール・ガス火力IPP事業
オマーン

中部電力と丸紅が2011年にカタール発電造水会社 (QEWC) およびマルチテック社 (Multitech LLC) と共同で、オマーン国では最大規模となるスール発電事業に関わる事業権を獲得し、売電契約等を締結しました。
本事業は、オマーン国の首都マスカット市から南東約150kmのオマーン湾沿いに位置するスール工業地帯において、出力200万kWの天然ガス火力発電設備を建設し、オマーン電力水道会社 (OPWP) との15年間にわたる長期売電契約に基づいてプラントの操業・運転、および売電を行なうものです。
2016年7月に中部電力から事業を承継しました。

事業概要

事業会社名 フェニックス・パワー社
所在地

スール工業地帯(マスカット市から南東約150km)

マップ
発電出力 200万kW(80万kW×2基、40万kW×1基)(2018年3月現在)
発電方式 コンバインドサイクル発電
燃料 天然ガス
運転開始 2014年12月
出資者 JERA、丸紅、ネブラス・パワー社、マルチテック社、その他投資家(※マスカット証券取引所上場)

事業会社ホームページ

http://phoenixpoweroman.com/