メインコンテンツに移動

事業紹介 / 主な参画案件イクシスLNG事業

イクシスLNG事業

イクシスLNG事業
オーストラリア

イクシスLNG事業は、国際石油開発帝石(以下、INPEX)が石油メジャーである仏TOTAL社とともに西オーストラリア沖合のイクシスガス・コンデンセート田の開発を行うプロジェクトであり、日本企業がオペレーター(操業主体)として大型LNG開発を主導する初のプロジェクトです。

中部電力が2012年にオーストラリアの子会社を通じて開発鉱区および探鉱鉱区の権益、ならびに液化事業会社Ichthys LNG Pty Ltd(以下、イクシスLNG社)の株式の各0.735%を取得。
また、年間154万トン(15年間)のLNGを購入する売買契約を締結しています。
2016年7月に中部電力から事業を承継しました。

事業概要

ガス・コンデンセート田 オーストラリア西オーストラリア州北部沖合
液化基地

北部準州ダーウィン

マップ
生産能力

LNG:890万トン/年(445万トン/年x2系列)

LPG:160万トン/年

コンデンセート:日量10万バレル(ピーク時)

供給開始 2018年 10月
権益保有比率

INPEX:66.245%

TOTAL:26.000%

CPC:2.625%

東京ガス:1.575%

大阪ガス:1.200%

関西電力:1.200%

JERA:0.735%

東邦ガス:0.420%