メインコンテンツに移動

事業紹介 / 主な参画案件フリーポートLNG事業

フリーポートLNG事業

フリーポートLNG事業
米国

フリーポートLNG事業は、米国テキサス州において天然ガスの液化加工を行う事業です。
中部電力と大阪ガスが2014年に本プロジェクトの第一系列を建設・運営するFLNGリクイファクション社の持分をそれぞれ25%ずつ取得。また、米国大手パイプライン事業者のガルフサウス社との間で、第一系列液化設備への新設路線を含むパイプライン使用契約を締結しており、米国内の主要天然ガス生産地からの調達が可能になります。

フリーポート第一系列の開発ならびに米国における安価な天然ガスの調達を通じ、仕向地制限のない競争力あるLNG調達を実現するとともに、供給ソースの分散化および価格指標の多様化に貢献します。
2016年7月に中部電力から事業を承継しました。

事業概要

所在地

米国テキサス州フリーポート市

マップ
稼動開始予定 2019年
液化設備能力 約464万トン/年×3系列
当社調達予定量 約232万トン/年

フリーポート社の概要

会社名 フリーポートLNGデベロップメント社
所在地 米国テキサス州ヒューストン市
出資者 フリーポートLNGインベストメンツ、Global Infrastructure Partners、大阪ガス

第1系列液化会社の概要

会社名 FLNGリクイファクション社
所在地 米国テキサス州ヒューストン市
出資者 フリーポート社(50%)、JERA(25%)、大阪ガス(25%)