メインコンテンツに移動

事業紹介 / 主な参画案件ダーウィンLNG事業

ダーウィンLNG事業

ダーウィンLNG事業
オーストラリア・東ティモール

ダーウィンLNG事業は、東ティモール南岸沖合250km、豪州ダーウィン市沖合500kmの位置にあるバユ・ウンダン・ガス田を中心としたガス田開発とガス生産、およびそのガスを使用したパイプライン輸送、液化を行うバリューチェーン型の事業です。
東京電力(当時)と東京ガスが2003年に参画し、2004年よりコンデンセート及びLPGの生産・販売を開始、2006年よりLNGの生産・販売を開始しています。

日本の電力会社がガスの開発・生産から液化、輸送、再ガス化、消費、そして販売というLNGチェーン全工程に関与した初めてのプロジェクトです。
2016年7月に東京電力フュエル&パワーから事業を承継しました。

事業概要

ガス・コンデンセート田

豪州・東ティモール共同石油開発海域内

豪州ダーウィン市沖合500km

東ティモール南岸沖合250km

マップ
液化基地 北部準州ダーウィン
生産能力 約370万トン/年
供給開始

コンデンセート及びLPG:2004年

LNG:2006年

権益保有比率

ConocoPhillips(56.9%)、ENI(11.0%)、Santos(11.5%)、国際石油開発帝石(11.4%)、JERA(6.13%)、東京ガス(3.07%)

権益保有比率