メインコンテンツに移動

事業紹介事業開発

約75GWの発電資産、8カ所のLNG受入基地を開発・保有する世界最大級の発電事業会社であると同時に、世界10カ国からの長期LNG調達、18隻のLNG船、5カ所のLNG生産プロジェクトに関与する燃料事業会社であるJERA。 これらの大規模事業から得た多様な開発能力をさらに進化させ、燃料調達から発電までの一体型プロジェクト(Gas to Power)や大規模再生可能エネルギー事業の開発も積極的に進め、各国・地域のニーズに合った事業を拡大します。

事業開発
事業開発

燃料上流・輸送事業・長期LNG調達事業

LNG長期契約の規模を活かし、燃料上流事業やLNG船事業に参画。資源や自社船を根本から確保することで安定的かつ柔軟性が高く、競争力のある燃料供給に貢献します。

国内発電事業

既存の火力発電所のインフラを活用しつつ、最高効率の発電所に建て替えを進めることで競争力を強化するとともに環境負荷を低減。エネルギー・環境政策と整合する電源構成を実現し、エネルギー供給の安定性と持続可能性の両立を牽引します。

海外発電・バリューチェーン事業

1990年代に初めて海外発電事業に参画して以降、世界各国のプロジェクトで培った経験を活かし、成熟国における自由競争下の電力事業から、新興国における燃料供給から発電所の建設・運営に至る一体的な開発まで、国や地域の実情やニーズにあった発電資産を開発・運営します。

再生可能エネルギー開発事業

技術革新により、有力な発電オプションとなった蓄電池を含む再生可能エネルギーを今後のコア事業の一つと位置付け。 再生可能エネルギー事業において先進的な海外の国や地域での案件開発・運用を通じて経験を積むとともに、国内にも知見を還元。当社の強みである大規模開発能力を活用できる洋上風力などを中心に、開発を促進します。