メインコンテンツに移動

コンプライアンスJERAグループ税務基本方針

  1. 1.税務基本方針

    JERAグループは、グローバル企業として、経営者及び管理者の指導の下、事業活動を行う各国・地域において適用される税務に関する法令・規則及び租税条約等の国際ルールを遵守し、必要に応じて各国・地域の税務専門家の助言を参考にしつつ、税務コンプライアンスの徹底、適正な納税を行う。

  2. 2.税務リスク管理

    JERAグループは、グループの企業価値を損なう恐れのある税務リスクの管理を適切に行うための体制やフレームワークを整備するとともに、重大な税務リスクが発生した場合又はその発生が見込まれる場合には、企業価値の棄損の防止を図るよう迅速かつ適切・適正な対応を行う。

  3. 3.税務の透明性の確保

    JERAグループは、税務当局をはじめとするすべてのステークホルダーへの税務に関する説明責任を果たすことが重要であることを理解し、法令等に基づく税務に関する情報の開示に迅速かつ適切・適正に対応することで、税務の透明性の確保に努める。

  4. 4.租税回避行為の禁止

    JERAグループは、事業上の正当な理由がなく、事業活動を行う各国・地域において適用される税務に関する法令・規則及び租税条約並びにOECDガイドライン等の国際ルールにおける本来の趣旨及び目的を逸脱するような行為によって、不当に租税負担を回避させることは行わない。

  5. 5.租税負担額の適正化

    JERAグループは、事業活動を行う各国・地域において適用される税務に関する法令・規則及び租税条約並びにOECDガイドライン等の国際ルールを遵守することを前提とし、当該租税制度が想定している範囲において税負担額の適正化に取り組み、企業価値の維持及び向上に努める。

  6. 6.税務当局との関係

    JERAグループは、国内外税務当局に対する適時・適切な税務情報の提供や税務調査における誠実な対応等を通して、税務当局と継続的な信頼関係を構築するように努める。