メインコンテンツに移動

会社情報 / コンプライアンスJERAグループ人権基本方針

JERAグループは、エネルギーの安定供給という社会・経済を支える公益性の高い重要な責務を担っています。JERAグループが、日本のエネルギーを支え、世界のエネルギー問題の解決に資するバリューチェーンの安定維持および拡大を進めるためには、人権尊重の取り組みを推進する重要性を強く認識しています。私たちはグローバル企業にふさわしい崇高な倫理観のもと誠実に行動し、人権を尊重します。

  1. 1.位置づけ

    私たちは、JERAグループコンプライアンス基本方針に基づき、人権基本方針を制定します。本方針は、世界人権宣言、ビジネスと人権に関する指導原則などの人権に関する国際ルール・社会規範を尊重し策定しています。

  2. 2.適用範囲

    本方針は、JERAグループの全ての役員および従業員に適用されます。私たちは、当社とグループ会社およびお取引先との活動が、お客さまや地域コミュニティを含むステークホルダーの人権に影響を与えうる可能性を認識し、人権侵害に加担しないよう継続的に働きかけます。

  3. 3.人権尊重に対する責任

    私たちは、事業活動のあらゆる局面で人権を尊重します。

    人種、皮膚の色、性、言語、宗教、国籍、年齢、性的指向・性自認、障がいの有無、政治上その他の意見、国民的若しくは社会的出身、財産、門地その他の地位またはこれに類するいかなる事由による差別を禁止するとともに、各国・各地域の多様な文化・習慣・歴史等を尊重しつつ事業活動を展開します。

    児童労働や強制労働、過重労働や最低賃金に関する法令遵守を含めた一切の非人道的な労働には加担しません。事業活動を行う上では国際的に承認された人権の基準および各国・各地域の人権に関する法令を遵守します。

    職場のハラスメントは、人格や尊厳を傷つける行為であり、断じて許しません。私たちは、ハラスメントのない、すべての従業員が互いに尊重し合える、明るく働きやすい職場環境をつくります。

  4. 4.人権体制の構築

    私たちは、人権に対して特に注意を払うべき事項の特定・防止・軽減・モニタリング・是正などを行う体制を構築します。

  5. 5.人権デュー・ディリジェンス

    私たちは、ビジネスと人権に関する指導原則および本方針に基づき、人権デュー・ディリジェンスの仕組みを構築し、これを継続的に実施します。

  6. 6.救済・是正

    私たちは、人権問題に対する通報窓口を社内外に設けます。通報は、通報者の匿名性や、通報内容の秘密を守ることはもちろん、通報者に対する不利益な取り扱いや報復措置の禁止も含め、通報者の保護を図ります。また、人権侵害の事実が明らかになった場合には、適切な手続き・対話を通じてその救済・是正に取り組みます。

  7. 7.周知・教育

    本方針にもとづき、全ての役員および従業員が人権について正しく理解しその責任を果たすことができるよう教育・研修を行います。

  8. 8.ステークホルダーとのコミュニケーション

    私たちは、人権尊重にかかる取り組みを推進するにあたり、お取引先、各国・各地域の社会の皆様、外部専門家など関連するステークホルダーと双方向のコミュニケーションを進め、Webサイトやレポートを通じた情報開示についても積極的に行います。

  9. 9.方針の改訂

    本方針は、今後のJERAグループの事業および環境変化等の状況を踏まえ、必要に応じ改訂します。