メインコンテンツに移動

事業紹介 / 火力発電所海を汚さないために

発電所の運転に伴って発生する排水は、排水処理設備で浄化し、水質連続測定装置などにより、常時監視をしながら排水しています。また、復水器で使用する海水の水温上昇をおさえるため、取水にあたっては温度の低い深層からゆっくり取り入れ、放流においては放水流速を低減させゆるやかに表層へ放流するなど、周辺環境への影響を少なくするよう配慮しています。

  • 構内排水対策:
    発電所で使用した水は、排水処理設備において処理したうえできれいな水として排水しています。排水は測定装置により常時監視しています。
  • 温排水対策:
    復水器で使用する海水の取水はカーテンウォールを設け、温度の低い深層からゆっくり取り入れるとともに、ゆるやかな流速で表層へ放流するなど温排水の周辺海域への影響を少なくしています。
構内排水対策・温排水対策

環境への取り組み