メインコンテンツに移動

プレスリリース

浮体式洋上風力発電事業の開発会社設立に関するIDEOL社およびADEME INVESTISSEMENT社との基本合意について

2020/06/22

株式会社JERAは、このたび、IDEOL SA(以下「IDEOL」、本社:フランス)およびADEME INVESTISSEMENT SAS(以下「ADEME INVESTISSEMENT」、本社:フランス)と浮体式洋上風力発電事業の開発会社設立に関する基本合意を締結いたしました。

 

先行して導入が拡大している着床式洋上風力発電に比べて、水深の深い場所でも設置可能な浮体式洋上風力発電は、エネルギーポテンシャルが大きいことから、将来的な再生可能エネルギーの導入拡大において重要な役割を占めると考えられています。

そのため、当社は、浮体式洋上風力発電の開発への早期着手によるノウハウの蓄積と、案件の初期段階からの関与による高い収益性の確保を目指し、IDEOLおよびADEME INVESTISSEMENTと開発会社の設立について基本合意しました。

 

開発会社は、IDEOLのダンピングプール®技術 を用いて、世界各国における浮体式洋上風力発電事業の開発を行うことを目的とし、プロジェクトの建設初期段階までを推進する役割を担う予定です。

 

IDEOLは、浮体式洋上風力発電の設計、ソリューション提供、事業開発を専業としており、その技術は日本やフランスで採用された実績を持つ、浮体式洋上風力発電のリーディング企業です。また、ADEME INVESTISSEMENTは2018年に設立されたフランスの環境・エネルギー管理庁傘下の投資会社で、商業段階以前の初期のインフラ等への投資を目的とした会社です。

 

当社は、開発会社の設立に向けIDEOLおよびADEME INVESTISSEMENTと協議を進め、2020年代前半に予定されているスコットランド、フランスの浮体式洋上風力発電事業入札をはじめとした浮体式洋上風力発電事業の開発に向け、準備を進めてまいります。

 

当社は、再生可能エネルギーにおけるグローバルリーダーを目指し、国内外において大規模な洋上風力発電事業を積極的に推進していくとともに、技術の進展の取り込み、関連する組織への参加等を通じ、洋上風力発電の持続的な普及にも貢献してまいります。

フランスの浮体式洋上風力発電Floatgen(写真提供:IDEOL)