メインコンテンツに移動

JERAゼロエミッション2050JERAゼロエミッション2050

JERAは、2050年時点で国内外の当社事業から
排出されるCO2を実質ゼロとする
ゼロエミッションに挑戦します。
ゼロエミッションは、再生可能エネルギーと
グリーンな燃料の導入を進めることで、
発電時にCO2を排出しない
火力発電によって実現します。

代表取締役社長 小野田 聡

低炭素社会の実現を
リードしていく。

当社は、国内最大の発電会社として、低炭素社会の
実現を積極的にリードしていく立場にあることから、
これまでの取り組みを一層加速させるとともに、
長期的に目指す姿を明確にすべく、
「JERAゼロエミッション2050」を掲げることにしました。代表取締役社長
小野田 聡

JERAゼロエミッション2050
3つのアプローチ

再生可能エネルギーとゼロエミッション火力の相互補完

ゼロエミッションは、再生可能エネルギーとゼロエミッション火力によって実現します。再生可能エネルギーの導入を、自然条件に左右されず発電可能な火力発電でサポート。火力発電は、よりグリーンな燃料の導入を進め、発電時にCO2を排出しないゼロエミッション火力を追求します。

国・地域に最適なロードマップの策定

ゼロエミッションは、国・地域に最適なソリューションとそのロードマップの策定を通じて実現します。ロードマップは、それぞれの国や地域が、導入可能な再生可能エネルギーの種類、多国間送電網・パイプラインの有無など、異なる環境におかれているため、国・地域単位でステークホルダーとともに策定。まずは日本のロードマップを策定し、他の国や地域へ順次展開していきます。

スマート・トランジションの採用

ゼロエミッションは、施策の導入を決定する段階で、イノベーションにより利用可能となった信頼のおける技術を組み合わせること(スマート・トランジション)で実現します。低い技術リスクで円滑に、グリーン社会への移行を促します。

※JERAゼロエミッション2050は、脱炭素技術の着実な進展と経済合理性、政策との整合性を前提としています。
当社は、自ら脱炭素技術の開発を進め、経済合理性の確保に向けて主体的に取り組んでまいります。

JERAゼロエミッションの
取り組み

再生可能エネルギー 洋上風力を中心とした開発促進 蓄電池による導入支援 ゼロエミッション火力 非効率石炭火力停廃止 アンモニア混焼 水素混焼

JERAゼロエミッション2050
日本版ロードマップ

横にスクロールしてご覧いただけます。

2030年まで
2050年まで

JERA環境コミット2030

JERAはCO2排出量の削減に積極的に取り組みます。国内事業においては、2030年度までに次の点を達成します。

石炭火力については、非効率な発電所(超臨界以下)全台を停廃止します。また、高効率な発電所(超々臨界)へのアンモニアの混焼実証を進めます。

洋上風力を中心とした再生可能エネルギー開発を促進します。また、LNG火力発電のさらなる高効率化にも努めます。

政府が示す2030年度の長期エネルギー需給見通しに基づく、国全体の火力発電からの排出原単位と比べて20%減を実現します。

TO ACHIEVE OUR GOAL

「JERAゼロエミッション2050」の実現には、現在の技術ではクリアすべき課題がまだ多くあります。当社は、これまでに参画してきた燃料上流から発電に至るバリューチェーンの強みを活かし、自ら主体的に脱炭素技術の開発に取り組み、経済合理性を達成すべく努力を重ねてまいります。また、関係機関・団体やステークホルダーとも協力しながら、様々な課題解決に取り組むことで、エネルギー業界における脱炭素化を牽引してまいります。

「JERAゼロエミッション2050」「JERAゼロエミッション2050 日本版ロードマップ」「JERA環境コミット2030」は、脱炭素技術の着実な進展と経済合理性、政策との整合性を前提としています。当社は自ら脱炭素技術の開発を進め、経済合理性の確保に向けて主体的に取り組んで参ります。