メインコンテンツに移動

プレスリリース

2025年度に向けた財務戦略と新たな経営目標の策定について

2022/05/12

 株式会社JERAは、東京電力フュエル&パワー株式会社と中部電力株式会社の国内火力発電事業を統合した2019年4月に、2025年度の連結純利益額2,000億円という目標を掲げ、シナジー効果の最大化や収益基盤の強化など、様々な取り組みを進めてきました。

 今般、この目標に加えて、規律ある成長と企業価値の最大化を目的に、2025年に向けた財務戦略と新たな経営目標を策定しました。

 

1.財務戦略

 当社は、バランスシートマネジメントおよびキャピタル・アロケーションからなる、2025年度までの財務戦略を策定しました。

当社は、規律ある成長に必要な財務健全性を維持するため、バランスシートマネジメントを実施します(添付資料1「財務戦略について」を参照)。

 また、当社は、事業から得られる資金を成長のための投資に積極的に配分するキャピタル・アロケーションを策定しました。投資に配分する資金は、2025年度までに合計で1兆4,000億円程度を予定しています。成長分野に対しては1兆2,000億円程度の資金配分を予定しており、そのうち、6,500億円程度の資金を脱炭素関連事業に配分します。また、安定供給に関連する分野に対しても、6,000億円程度の資金を配分する予定です。

 

【キャピタル・アロケーションおよびキャピタル・インベストメント】

 

2.新経営目標

 当社は、2025年度連結純利益額2,000億円という目標の達成に向けて、2025年度までの各年度における連結純利益の目標額を新たに設定しました。

 

【連結純利益額※1(億円)】

 また、2025年度に向けて、収益性、資本効率性、成長性および財務健全性に関する経営目標を新たに策定しました。


【新経営目標】

 

 当社は、中長期的な財務健全性を維持しながら成長投資を推進することで、新経営目標の達成と企業価値の最大化を目指します。

 

添付資料1:財務戦略について[PDF: 624.33 KB]

 

添付資料2:新たな経営目標の策定について[PDF: 517.65 KB]

 

参考資料:事業計画(2019年4月公表)の振り返りについて[PDF: 712.27 KB]