メインコンテンツに移動

プレスリリース

2021年度連結決算について

2022/04/28

 株式会社JERAは、本日、2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)の連結業績についてとりまとめましたので、お知らせします。

 

 売上高は、販売電力量が増加したことに加え、燃料トレーディング子会社であるJERA Global Markets Pte Ltd(以下「JERAGM」)の売上が増加したことなどから、前年度比62.5%増の4兆4,352 億円となりました。

 親会社株主に帰属する当期純利益は、燃料数量調整等に伴うJERAGMの利益の増加などがあったものの、燃料費調整の影響による損失により、前年度比84.4%減の246 億円となりました(燃料費調整の影響を除いた当期純利益は2,770億円)。

 

【2021年度連結業績】                            (億円)

 

当年度

(A)

前年度

(B)

増減

(A-B)

増減率(%)

売上高

44,352

27,301

17,051

62.5

経常利益

953

2,441

▲1,488

▲60.9

親会社株主に帰属する

当期純利益

 

246

 

1,578

 

▲1,332

 

▲84.4

(参考)燃料費調整の

影響を除いた当期純利益

 

2,770

 

1,116

 

1,654

 

148.2

 

 2022年度の業績見通しは、ウクライナ情勢等の影響を受け、資源価格および販売電力量の見通しが不透明であり、現時点では合理的に業績を算定できないことから、未定としております。

 

 

※JERAGMは、日々変動するJERAの燃料消費量に応じ、燃料取引による数量調整を実施しております。日本には市場価格で燃料を供給する一方、グローバル市場へのアクセスやノウハウの活用により、利益を獲得しております。今期は、数量調整を行う中で、資源価格の高騰・変動幅の拡大により増益となりました。

 

 

別紙:2021年度連結決算について[PDF: 1.49 MB]