メインコンテンツに移動

プレスリリース

フィリピン共和国の脱炭素化に向けた大手電力会社Aboitiz Power Corporationへの出資について

2021/09/27

 株式会社JERAは、フィリピン共和国の大手電力会社であるAboitiz Power Corporation(以下「Aboitiz Power」)の発行済み株式の約27%を約15.8億米ドルで取得することとし、本日、同社の親会社であるAboitiz Equity Ventures Inc.等との間で、株式売買契約を締結しました。必要な許認可取得等の手続きを経て、株式取得を完了する見込みです。当社は、同社への出資により、フィリピン共和国のエネルギー分野における当社のプレゼンスをさらに向上させ、同国の脱炭素化を加速させていきます。

 

 大手財閥グループAboitiz Equity Ventures Inc.の子会社であるAboitiz Powerは、フィリピン証券取引所に上場しているフィリピン共和国の大手電力会社です。建設中を含む約460万kWの発電所を保有・運営し、同国の約2割の電力供給を担うとともに、セブ市やダバオ市では配電事業を手掛けています。

 Aboitiz Powerは、今後増大する電力需要への対応と、エネルギーの脱炭素化を両立していくため、2030年までに再生可能エネルギーを中心に開発を進め、920万kWまで発電資産を拡大するとともに、火力発電と再生可能エネルギーのバランスを50:50とする方針を示しています。

 

 当社は、「JERAゼロエミッション2050」を掲げ、2050年時点における国内外の事業からのCO2排出量ゼロに挑戦しています。Aboitiz Powerの事業に参画することで、今後、同社とともに、フィリピン共和国におけるエネルギーの脱炭素化に取り組んでまいります。

 具体的には、足下のCO2排出量削減と、変動する再生可能エネルギーを支え、その導入量拡大に貢献していくため、LNGの活用等に取り組みます。同社との間では、LNG to Powerプロジェクトの共同開発や、火力発電所における技術協力を進めていくことに合意しております。さらに、本日、LNG調達の協業に関する基本合意書を締結しました。

 将来的には、Aboitiz Powerとともに、脱炭素を目指すロードマップを策定し、当社が日本国内で技術開発中の「ゼロエミッション火力*」を、同社が保有・運営する発電所に導入することも検討します。

 

 経済成長著しいフィリピン共和国では、2030年までに年平均4.2%の電力需要の伸びが見込まれており、電力インフラの整備が急務となっています。一方で、同国は日本と同じくエネルギー資源が乏しく、その多くを輸入に頼っています。

 当社は、フィリピン共和国特有の事情も十分に勘案しながら、Aboitiz Powerと協力して、同国のエネルギーの安定供給を支えるとともに、低コストかつスピーディーな脱炭素化に貢献してまいります。

 

*ゼロエミッション火力:発電用燃料として、化石燃料に代えて、発電時にCO2を排出しない水素やアンモニアなどのグリーン燃料を用いた火力発電所。