メインコンテンツに移動

プレスリリース

商業規模の国内SAF製造実証およびサプライチェーン構築事業への参加について

2021/08/30

 株式会社JERA(以下「JERA」)は、三菱パワー株式会社(以下「三菱パワー」)、東洋エンジニアリング株式会社(以下「東洋エンジニアリング」)、伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」)と、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「バイオジェット燃料生産技術開発事業/実証を通じたサプライチェーンモデルの構築」の採択を受け、共同で参加することといたしました。

 

 本事業は、4社が共同で、木質系バイオマスを原料としたガス化FT合成*1による商業規模の持続可能な代替航空燃料(Sustainable Aviation Fuel、以下「SAF」)のサプライチェーン構築に向け、国内における将来のSAF供給の一端を担う木質バイオマス由来の航空燃料を早期に市場に流通させるために必要な条件、施策、技術的課題の検討に取り組むものです。

 

 事業期間は2021年度から2024年度の約4年間です。まずは、事業化可能性調査を約2年間行い、その結果を踏まえて、サプライチェーン構築に向けた詳細設計のフェーズへ移行する計画です。事業化可能性調査における各社の主な役割は次のとおりです。

JERA

商業設備規模の検討、適用法令対応の検討、原料調達可能性調査、SAF原油と石油由来燃料の混合方法検討、SAF市場調査、事業可能性評価

三菱パワー

商業規模ガス化設備基本設計

東洋エンジニアリング

商業規模FT合成設備基本設計(蒸留設備含む)

伊藤忠商事

SAF供給方法検討、副生物の販売を含む活用検討

 

 当社は、三菱パワーおよび東洋エンジニアリングとともに、2017年度から2021年度にかけて、NEDOの委託事業*2として、パイロットスケールでのガス化FT合成による連続SAF製造の実証を行いました。また、パイロットプラントで製造されたSAFは、本年6月に日本航空株式会社の定期便に供給されました。本事業では、この過程で蓄積した知見も活かしながら、原料調達、製造技術、製品供給までのサプライチェーン全体の確立に向けて取り組んでまいります。

 

 当社は、「JERAゼロエミッション2050」を掲げ、2050年時点で国内外の事業から排出されるCO2の実質ゼロに挑戦しています。また、長期にわたる発電所の運営により培ってきたプラントの運転・保守の技術や経験を活用して、エネルギー分野以外での地球温暖化対策にも積極的に取り組み、脱炭素化社会の早期実現に貢献してまいります。

 

*1 ガス化FT合成:木質セルロースなど固形物をガス化炉で水蒸気および少量の酸素と反応させて一酸化炭素と水素を生成し(ガス化)、触媒を用いたFT反応器で液体炭化水素(燃料)に合成する技術。(Fischer-Tropsch Process)

*2 NEDO 委託事業:バイオジェット燃料生産技術開発事業/一貫製造プロセスに関するパイロットスケール試験
https://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100127.html