メインコンテンツに移動

プレスリリース

インドネシア・パイトン石炭火力IPP事業の株式売却について

2021/08/20

 株式会社JERAは、インドネシア共和国のパイトン・石炭火力IPP事業の当社が保有する株式のすべて(事業権益の約14%に相当)をPT Medco Daya Abadi Lestariの完全子会社である PT Medco Daya Energi Sentosaに売却しましたのでお知らせします。

 

 当社は、今後とも、保有する資産の売却や売却後の資金を活用した再投資により、ポートフォリオを入れ替えることで、事業環境の変化に合わせた最適な資産構成を実現し、収益の拡大を目指してまいります。

 

   事業概要

事業会社名

パイトン・エナジー社

所在地

インドネシア共和国 パイトン

(スラバヤ市の南東約150km)

発電容量

パイトン:123万kW / パイトン:81.5万kW

発電方式

パイトン:亜臨界圧石炭火力発電

パイトン:超臨界圧石炭火力発電

商業運転開始

パイトン:1999年 / パイトン:2012年

 

       PT Medco Daya Abadi Lestariの概要

所在地

インドネシア共和国

概要

原油・天然ガスの探鉱・開発・生産や、電力事業などを行う、インドネシア大手総合エネルギーグループの親会社。傘下の子会社を通じて346.9万kWの電力事業(IPPおよび運転・保守事業)を行っている。