メインコンテンツに移動

プレスリリース

蓄電システムデータプラットフォームの実証開始について

2020/11/25

 株式会社JERAは、このたび、蓄電システムデータプラットフォームの実証を開始することとしましたのでお知らせします。

 

 蓄電システムデータプラットフォームとは、ユーザーの構内に設置された蓄電池の運用データを基に、ユーザーのニーズに合致したサービス提供を行う会員型プラットフォームであり、当社のIoTプラットフォーム上に構築するものです。

 

 当社が行った調査では、ユーザーが蓄電池を設置する主な目的は、災害発生時等のバックアップであり、平時には余力があるという結果が得られています。このため、蓄電池運用データの収集を通じて、ユーザー自らがエネルギーの最適利用を実現できる新たなサービスの提供を検討してまいります。

 

 今回の実証では、「ユーザーの蓄電池運用データの自動収集の検証」、「収集したデータを用いたサービスの開発ならびにユーザーによるサービス内容のレビュー」を行います。また、蓄電池の仕様を問わず、あらゆる蓄電池に対応できるデバイス端末などを蓄電システムメーカー等と協力して開発する予定です。

 

 具体的なサービスとしては、ユーザーニーズが特に高い「電力の見える化」や「ピークシフト」など、エネルギーの最適利用を可能とするサービスを開発します。

 

 実証期間は本年11月から2021年3月末までの約四ヵ月間の予定です。

 

 当社は、今後とも、蓄電システムをはじめとした技術開発やエネルギーの最適利用に資するサービスの開発によって、脱炭素社会の実現を積極的にリードしてまいります。

 

 

蓄電システムデータプラットフォームのイメージ