メインコンテンツに移動

プレスリリース

国内初のLNGバンカリング船を「かぐや」と命名 ~中部地区でShip to Ship方式によるLNG燃料供給に従事~

2020/09/18

 川崎汽船株式会社(以下「川崎汽船」)、株式会社JERA(以下「JERA」)、豊田通商株式会社(以下「豊田通商」)、日本郵船株式会社(以下「日本郵船」)(以下「4社」)は、共同で出資する合弁会社、セントラルLNGシッピング株式会社およびセントラルLNGマリンフューエル株式会社を通じて、中部地区におけるLNG燃料供給事業を推進しております。9月16日に、セントラルLNGシッピング株式会社が発注し、川崎重工業株式会社坂出工場(香川県)において建造中の、船舶向けの液化天然ガス(以下「LNG」)燃料を供給するための船舶(以下「LNGバンカリング船」)の命名式が執り行われましたのでお知らせします。

 

 式典は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)の朝倉 正司 生産本部長、国土交通省の加藤 雅啓 大臣官房技術参事官をはじめとする来賓の方々をお迎えし、執り行われました。同船は川崎汽船の明珍 幸一 代表取締役社長、日本郵船の長澤 仁志 代表取締役社長により、「かぐや」と命名され、JERAの中村 直 常務執行役員、豊田通商の日髙 俊郎 機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部CEOによる支綱切断が行われました。
 船名の「かぐや」は日本最古の物語といわれ、今なお多くの方に愛されている『竹取物語』に由来しております。また、LNGバンカリング市場を「竹」のように長く高く成長させるという思いも込められています。

 

 「かぐや」は、国内で稼動する初めてのLNGバンカリング船になります。セントラルLNGマリンフューエル株式会社が運航を担い、JERAの川越火力発電所を拠点とし、中部地区においてShip to Ship方式(注1)による船舶向けLNG燃料(注2)供給事業を本年10月以降開始する予定です。

 

 IMO(国際海事機関)は、2050年までに国際海運の温室効果ガス(GHG)排出量を2008年対比で半減させる目標を設定しており、今後LNGを主燃料とした船舶の竣工が見込まれています。「かぐや」は事業開始後、日本郵船の自動車専用船「SAKURA LEADER」と、川崎汽船が本年度中に竣工予定の自動車専用船をはじめとしたLNG燃料船へのLNG供給を予定しています。

 

 4社は、川崎汽船の長期にわたるLNG船運航により蓄積された技術力、JERAの大規模基地における運営・技術力、豊田通商の船舶燃料のグローバルな販売ネットワーク、日本郵船の世界初のLNG燃料供給・販売事業への参画経験といった、各社のノウハウや強みを結集して、中部地区における安定したLNG燃料供給体制を整えるとともに、販売サービスを拡充し、船舶燃料のLNG化を促進し環境負荷の低減に貢献します。

 
© 川崎重工業株式会社

(写真左から)
四国運輸局 上園 政裕 局長
トヨタ自動車株式会社 朝倉 正司 生産本部 本部長
豊田通商株式会社 日髙 俊郎 機械・エネルギー・プラント プロジェクト本部 本部CEO
株式会社JERA 中村 直 常務執行役員(最適化本部長)
日本郵船株式会社 長澤 仁志 代表取締役社長
川崎汽船株式会社 明珍 幸一 代表取締役社長
川崎重工業株式会社 橋本 康彦 代表取締役社長執行役員
国土交通省 加藤 雅啓 大臣官房技術参事官

<本船概要>

LNG積載容量:3,500㎥

総トン数:4,044トン

全 長 :81.7メートル

全 幅 :18.0メートル

造船所:川崎重工業株式会社 坂出工場

 

<供給体制>

 

 

※セントラルLNGシッピング株式会社およびセントラルLNGマリンフューエル株式会社については以下ホームページをご覧ください。

https://central-lng.com/

 

1. Ship to Ship方式

岸壁・桟橋に係留中のLNG燃料船、もしくは錨泊中のLNG燃料船にLNG燃料供給船が接(横付け)してLNG燃料を供給する方法。

 

2. LNG燃料の特徴

重油に比べ、硫黄酸化物(SOx)や粒子状物質(PM)の排出は約100%、窒素酸化物(NOx)は最大80%、二酸化炭素(CO2)は約30%の削減がそれぞれ見込める。国際的に強化される船舶の排出ガス規制への対応として重油に代わる有力な船舶燃料と位置づけられている。