メインコンテンツに移動

プレスリリース

LNG船の定期用船契約の締結について

2019/12/18

株式会社JERAは、このたび、子会社であるエルエヌジー・マリン・トランスポート株式会社を通じて、Angelicoussis Group傘下の船舶保有会社との間で、LNG1隻の定期用船契約を締結しました。

 

用船するLNG船は、2020年より韓国の造船所で建造予定の新造船です。

用船期間は202110~12月から約12年間であり、主にアジア・オセアニア地域のLNGプロジェクトからのLNG輸送に活用する予定です。

 

当社は、FOB契約比率の向上等に伴い、2025年までにLNG船の自社船団を25隻程度に拡大することを計画しております。

今後も安定的、経済的かつ柔軟な燃料取引の実現に向け、燃料輸送分野においても、積極的な事業開発および最適化に努めてまいります。

 

 

<定期用船契約の概要>

船主

Angelicoussis Group傘下の船舶保有会社

用船者

エルエヌジー・マリン・トランスポート株式会社

船舶管理会社

Maran Gas Maritime Inc.

用船期間

202110~12月から約12年間

使用船舶

建造造船所

Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering Co., Ltd.

主な仕様

174,000㎥/メンブレン型

 

Angelicoussis Groupの概要>

代表者:John A. Angelicoussis (Chairman and CEO)

概 要:LNG船・バルク船・石油タンカーで形成した合計150隻超の大船団を保有・管理する船会社。LNG船の保有・管理事業には2003年に参入し、現在ではLNG船団を43隻(うち11隻は建造中)に拡大。更に、FSRU1隻を保有。船舶管理会社のMaran Gas Maritime Inc.はギリシャに所在。