メインコンテンツに移動

プレスリリース

バングラデシュにおける新規ガス火力発電事業への参画について

2019/09/03

株式会社JERAは、このたび、バングラデシュにおける新規ガス火力発電事業の開発を推進するリライアンス・パワー社との間で、本事業権益の49%を取得することで合意しました。当社にとって、バングラデシュへの事業参画は初めてのことです。

 

本事業は、首都ダッカから南東40kmに位置するメグナハット地域に、出力75kWの天然ガスコンバインドサイクル発電設備を建設・所有・運営するものです。発電する電力は、バングラデシュ電力開発庁との長期売電契約に基づき、商業運転開始から22年間にわたって売電されます。

当社は、今後、本事業の最終投資決定に向け、リライアンス・パワー社とともに、事業会社を通じてEPC契約や融資契約の協議等を進めてまいります。

 

バングラデシュは、順調な経済成長に伴い、電力需要の高い伸びが期待できることから、当社は、同国を重点投資対象国の一つと位置づけており、本事業への参画を足掛かりに、さらなる事業機会の発掘に努め、同国の経済発展に貢献するとともに、収益基盤の拡大を目指します。

 

また、本事業は、開発初期段階から高い出資比率で参画することにより、事業に主体的に関与していくという当社の方針にも合致したものです。今後、役員や社員の派遣をするとともに本事業の確実な建設や効率的な運営を目指してまいります。

 

当社は、今後も市場動向や収益性、リスクなどに留意しながら、積極的に海外発電事業を拡大し、更なる企業価値の向上を目指してまいります。

 

<リライアンス・パワー社の概要>

会社名:Reliance Power Limited

会 長:Anil Dhirubhai Ambani

所在地:インド

概 要:インド民間大手の発電・石炭資源会社。インドにおいて民間としては最大の電力事業者であり、石炭、ガス、再生可能エネルギーの発電資産(594.5kW)を所有。

 

別紙:バングラデシュにおける新規ガス火力発電事業概要[PDF: 351.86 KB]