メインコンテンツに移動

プレスリリース

五井火力発電所更新計画における発電設備建設工事請負契約の締結について

2019/06/28

株式会社JERA(代表取締役社長:小野田 聡、以下「JERA」)およびJXTGエネルギー株式会社(代表取締役社長:大田 勝幸、以下「JXTGエネルギー」)が共同出資する「五井ユナイテッドジェネレーション合同会社」と、東芝エネルギーシステムズ株式会社および東芝プラントシステム株式会社の3社間で、五井火力発電所の更新計画における発電設備建設工事請負契約を本日締結しましたので、お知らせいたします。

本契約の締結により、2021年の建設工事の着工を目指し、環境負荷の低減に配慮した競争力の高い最新鋭のLNG火力発電所の稼働に向けた準備を本格的に開始します。

 

なお、本合同会社は、JERAとJXTGエネルギーが2018年9月6日付で締結した「五井火力発電所更新計画の共同開発検討に関する基本合意書」に基づき協議を行い、2019年3月29日に設立した合弁会社です。本合同会社は、本計画の実施主体として火力発電設備の建設、運転・保守および本設備で発電した電力の供給を行います。

 

両社は、それぞれが所有するノウハウやリソースを共有することで本計画の価値をさらに高め、国際競争力のあるエネルギーの安定供給、低炭素社会実現への貢献を目指すとともに、地域の皆さまをはじめ、関係各位のご理解を賜りながら、本計画を進めてまいります。

 

別紙:五井火力発電所更新計画と合同会社の概要[PDF: 184.66 KB]