メインコンテンツに移動

プレスリリース

グローバル石炭トレーディング事業の実施に係る最終合意について

2016/12/21

株式会社JERAは、このたび、EDF Trading(以下「EDFT」)との間で、JERA Trading Singapore(以下「JERATS」)がEDFTの石炭トレーディング事業を統合し、グローバル展開することを合意しましたのでお知らせします。


今回の合意により、2017年4月上旬を目途に、JERATSは、EDFTの石炭および石炭船トレーディング部門の人材や同部門が保有する石炭売買契約等の資産を承継します。また、EDFTの100%子会社であるEDFT AustraliaおよびAmstuw BVの株式全量を取得し、豪州ナラブライ炭鉱事業の参画権益7.5%およびオランダのリートランデン石炭ターミナルの操業権100%を保有します。EDFTは、JERATSの株式の33%を保有します。


JERATSの取締役は、JERAから4名、EDFTから2名を選任します。候補者については、今後検討してまいります。


JERATSのマネージング・ディレクターには、現在EDFTのCFOを務めるロナン・ローリーを招聘します。また、トレーディング部門は、現在EDFTの石炭および石炭船トレーディング部門を統括するバート・バン・ドゥルーテンが統括します。トレーディング事業の分野で豊富な経験と実績を有するEDFTの人材を迎えることで、これまでEDFTが培ってきたノウハウを、アジア市場においても活用し、グローバルな石炭トレーディング事業を迅速かつ確実に展開していくことを期待しています。


本事業統合によって、JERATSは、太平洋および大西洋地域において年間約6,000万トンの石炭現物取引を行う世界最大規模の石炭トレーディング会社となります。JERATSは、事業規模と事業領域の拡大に伴い、これまで以上の幅広い選択肢と競争力を有し、お客様の様々なニーズにお応えすることが可能となります。また、EDFTが欧州で築き上げてきた既存のお客様との良好な関係を維持していくとともに、さらなる満足度向上に努めます。


石炭は、グローバルエネルギー市場において引き続き重要な燃料として役割を果たしていくことが見込まれています。当社は、JERATSを通じ、シンガポールやロンドン等の事業拠点におけるグローバル石炭トレーディング事業の着実な推進および経験の積み重ねにより、調達・販売能力のさらなる向上を図っていきます。


当社は、LNGビジネスにおいても、本年5月にEDFTとの間でLNG売買契約を締結し、協力関係を構築してきましたが、今回の合意により、両社の関係はより一層強化されたと考えています。今後も、LNGビジネスでのさらなる協力など、当社とEDFTの双方にメリットのある関係構築について幅広く協議していきます。



<別紙>事業実施体制 [PDF 117KB]


以 上