ビジョン・ミッション/
TOPメッセージMESSAGE

ビジョン・ミッション/TOPメッセージ

世界のエネルギー問題に、答えを。

JERAは、グローバルに展開している事業を通じて、世界最先端のエネルギー・ソリューションを日本に導入。日本が直面するエネルギー問題の解決に貢献します。また、日本で構築したエネルギーの供給モデルを、世界で同様のエネルギー問題に直面している国々に提供し、世界のエネルギー問題を解決していきます。

世界で圧倒的な存在へ。 世界で圧倒的な存在へ。

世界で
圧倒的な存在へ。代表取締役会長 佐野 敏弘

日本のエネルギー供給を守りながら、
世界で存在感を示します。

日本は自国のエネルギー資源をほとんど持っていません。そのような状況下で、国際的な競争力を持ち、価格競争を勝ち抜いた上で安定的なエネルギー供給を実現する。そして国家レベルの課題に答えを出し、日本のエネルギーを支えていくことがJERAの使命だと考えています。その使命を果たしながら行っていくのが、グローバルでの挑戦。再生可能エネルギーの普及やCO2排出量削減への取り組みの加速など、社会情勢は目まぐるしく変わっていきます。私たちに求められているのは、日本だけでなく、世界のエネルギー問題に答えを出すこと。新しいエネルギー事業を生み出し、世界に貢献できるグローバル企業を目指します。

島国、日本のエネルギー供給を守りながら、世界で存在感を示します。
世界を牽引するグローバルリーダーを目指します。
世界を牽引するグローバルリーダーを目指します。

私たちが目指しているのは、世界で大きな存在感を示すことです。世界という競争環境の中で、私たちが培ってきた技術力やノウハウを糧に、より多くの価値を提供していきます。一貫したバリューチェーンを持ち、全てのプロセスで主体性を発揮しながらビジネスを創出できるのは、JERAが他の企業と差別化を図ることができる大きなポイントです。差別化できる1つの事例として国内外での発電事業や世界最大級のLNGの調達、そしてトレーディングなどが挙げられます。JERAの強みを正確に把握し、世界で勝つための戦略を描き、スピーディーに実行していきます。

当事者としての覚悟を持ち、答えをつくっていきます。

東日本大震災以降、日本を取り巻くエネルギー環境は大きく様変わりしました。「日本のエネルギーはどうあるべきか」「このままのビジネスモデルが続けられるのか」私自身、価値観や考え方に大きな影響を受けました。その中で痛感したのが当事者として向き合うことの大切さです。JERAとしてスタートする中で、事業や組織の課題も当然でてきます。答えはありません。状況やルールは変わっていきますが、強い覚悟を持ち、自らが考え、行動することが答えに繋がっていきます。

当時者としての覚悟を持ち、答えをつくっていきます。
私たちは既成概念に縛られない。 私たちは既成概念に縛られない。

私たちは
既成概念に縛られない。代表取締役社長 小野田 聡

バリューチェーンを活かし、国内、海外で勝負します。

JERAのミッションは、「世界のエネルギー問題に最先端のソリューションを提供する」ことです。その実現のために一貫したバリューチェーンを構築して、強みを活かしながら事業を拡大、その中でも得意な分野に注力し、新しいビジネスの可能性を広げていきます。国内マーケットでは今まで培ってきた技術力をもとに、質が高く、コストが低いエネルギーを創出していきます。海外マーケットでは、エネルギーをどのように届けるか、どのような商流を生み出すか、エネルギーをつくる方法はどうするかなど、付加価値を生み出し、提供していくことが大切だと考えています。

バリューチェーンを活かし、国内、海外で勝負します。
世界にまだない価値を生み出すためには、常識を捨てます。
世界にまだない価値を生み出すためには、常識を捨てます。

新しいテクノロジーの登場やエネルギー関連の新しいビジネスの誕生など、JERAを取り巻く環境は常に変わっていきます。世界にまだない価値を提供するために重要なことは、これまでのルールや手法に縛られないことだと考えています。過去とはまったく違う視点で考え直す姿勢が大切です。例えば、点検作業。「3回の点検を1回にできないか」、もっと言うと「そもそも点検は必要か」まで踏み込む。その中で、前提条件をいい意味でひっくり返し、新しい価値を生み出し、社内に浸透させていくことが大切です。

私の夢は、アジア地域など発展途上国への貢献です。

私の夢は、世界の様々な地域への貢献です。発電施設を求めている発展途上国は数多くありますが、単に技術を提供するだけでは意味がないと考えています。発電施設をつくる過程で、そこに住む人たちが成長を実現し、スキルアップしていく。その人たちが技術やノウハウを周りへと伝えていく。エネルギーを生み出す機会を起点として、社会や産業を成長させていく。ここまでやってこそ、真の意味での世界への貢献と言えます。歴史に残るような事業や、その国の繁栄を心から願って入り込んで行う事業をやっていきたいと思っています。

私の夢は、アジア地域など発展途上国への貢献です。