メインコンテンツに移動

プレスリリース

パビリオン・ガスとのLNGビジネスに関する覚書締結について

2015/10/27

株式会社JERAは、本日、パビリオン・ガスとLNGビジネスに関する覚書を締結しました。

この覚書は、LNGの安定かつ低廉な調達に向け、両社によるLNG共同調達等、LNGビジネスにおける連携のあり方を協議していくことを内容としております。
具体的には、共同調達検討、プロジェクト上流権益への共同参画検討、LNG在庫調整の連携、船の運用等のオペレーション上の連携などに関する協議を進めてまいります。

経済発展の著しい東南アジアのLNG需要は、今後も伸びていくことが予想されています。
また、アジア地域では、シンガポールをはじめ各国でLNGハブ構想が立ち上がっており、LNG取引がさらに活発化していくことが見込まれます。
こうした中、シンガポールのエネルギー企業との間で、協力関係を強化することは、当社のビジネス機会の拡大に、大きく寄与するものと考えております。

当社は、今後とも、大きく変わりつつあるLNG市場の中で、国内外のLNG買主をはじめとする有力企業とも連携しながら、調達力の強化に努めてまいります。

パビリオン・ガスの概要

会社名 パビリオン・ガス(Pavilion Gas Pte Ltd)
所在地 シンガポール
代表者 Seah Moon Ming(Executive Director and Group CEO)
出資者 シンガポールの政府が所有する投資会社テマセクの子会社であるパビリオン・エナジーの100%子会社

以上