メインコンテンツに移動

会社情報 / コーポレート・ガバナンスエキスパート・アドバイザリー・ボード

JERAでは、経営陣等が事業戦略に磨きをかけ、先駆的なグローバル企業として事業領域の更なる開発を行うため、エキスパート・アドバイザリー・ボード(以下「EAB」)を設立しました。各EABには、業界トップと言われる外部アドバイザーを招へいします。

  1. EABの目的と運営

    EABは、以下を目的として取締役会によって設立されます。

    • 全ての取締役、経営陣等が、以下の目的で、JERA事業の中核分野におけるグローバル・エキスパートと直接出会う機会を得ること

      ・国際的なトレンド及びそれらトレンドへのJERAの戦略的アプローチについて、グローバルな見解を得る
      ・経営及び事業上の主要課題について議論し、グローバルな見解を得るための場を得る
      ・先駆的なグローバル・エネルギー企業としてのJERAの発展を加速させる

    • JERAの中核的価値、とりわけ「多様性」や「卓越性」を強化すること
    • JERAのグローバル・ネットワークを拡大し、JERAの評価を高めること

    EABは、アドバイザーとして、取締役会および経営陣等に対して直接報告を行います。一般的なトレンドに対する見解の提供だけでなく、JERAが直面する主要なビジネス上の課題についての、フェイス・トゥ・フェイスのミーティングや意見の交換を行います。(JERAの経営陣については、「役員紹介」へ)

  2. EABメンバー

    取締役会はEABを設立し、2017年4月に運用を開始しました。本EABは、以下メンバーによって構成されています。

    ポール・ハンラハン氏
    現在GlobeleqのCEOを務め、アフリカにおける再生可能エネルギーや火力発電の事業に従事。前職は世界で発電事業を行っているAES Corporationおよび発展途上国に向けて投資を行っているAmerica Capital Energy & InfrastructureのCEO。

    アントニオ・ボルピン氏
    McKinsey & Company において欧州、中東およびアフリカの担当を経て、現在はシニア・パートナーとして、アジア太平洋地域の電力・天然ガスをリード。シンガポールを拠点に、欧州、アジア、中東、オーストラリア地域を中心として顧客サービスを展開。

    ジョン・リットンハウス氏
    EDF Tradingで最高財務責任者をおよび最高経営責任者を歴任。40年以上にわたるコモディティ市場での燃料トレーディングの経験があり、EDF Tradingの設立にも大きく貢献。また、Chubu Energy Trading(現JERA Global Markets)設立にも寄与。

    ジョー・ネイラー氏
    前職はChevron社で、政府・政策・渉外担当の副社長。約40年のChevronでのキャリアにおいて、天然ガス関連の上流部門・開発部門・企画部門などで活躍した。