メインコンテンツに移動

事業紹介 / 火力発電所周辺環境との調和を守るために

周辺環境への影響を考慮し、騒音・振動対策、産業廃棄物対策、景観保全対策などをおこない、周辺環境を守っています。

  1. 〇騒音・振動対策

    建物・機器の適正配置、低騒音・低振動機器の採用、消音装置・防音壁設置などの騒音・振動対策をしています。

  2. 〇産業廃棄物対策

    火力発電所の業務形態に合わせたマニュアルを整備し廃棄物の適正処理を図っています。
    また、火力発電所の運転に伴い発生する石炭灰など、廃棄物となる副産物の有効利用を積極的に推進しています。

  3. 〇景観保全対策

    発電所の景観対策については、コストを考慮しつつ、地域景観との調和を図っています。たとえば煙突や本館などには、景観シミュレーションを実施し、形状・色彩などを選定しています。
    また、緑化にも積極的に取り組んでおり、自然との調和を図るために発電所の敷地に樹木を植えるなど環境保全に努め、現在では昆虫も多く住んでいる森になってます。

周辺環境との調和
周辺環境との調和

環境への取り組み