メインコンテンツに移動

事業紹介 / 主な参画案件常陸那珂ジェネレーション

主な参画案件

常陸那珂ジェネレーション
日本

常陸那珂ジェネレーションは、中部電力と東京電力(当時)が共同で、新たに建設する石炭火力発電所の運転・保守および発電した電力の販売を行う会社として、2013年12月に設立いたしました。
事業実施にあたっては、利用可能な最良の発電技術である超々臨界圧(USC)発電設備を採用することにより、電源の高効率化・低炭素化を図るとともに、最新鋭の脱硝装置、脱硫装置および集じん装置等環境装置を導入することで、環境負荷低減に努めてまいります。
2016年7月に中部電力および東京電力フュエル&パワーから事業を承継しました。

常陸那珂ジェネレーションの概要

会社名 株式会社 常陸那珂ジェネレーション
所在地 茨城県那珂郡東海村照沼768番23号
出資者 JERA100%
設立日 2013年12月6日

発電設備の概要

所在地 茨城県那珂郡東海村照沼768番23
(当社 常陸那珂火力発電所構内)
発電出力 65万kW
発電方式 超々臨界圧(USC)発電設備
燃料 石炭
運転開始予定 2020年度