メインコンテンツに移動

事業紹介 / 主な参画案件ゴアウェイ・ガス火力IPP事業

ゴアウェイ・ガス火力IPP事業

ゴアウェイ・ガス火力IPP事業
カナダ

中部電力と豊田通商が2009年9月に共同でサイス・グローバル・パワー社(サイス社)が保有する本プロジェクトの出資権益を取得し、続いて2011年3月に同サイス社が保有する出資権益を追加取得しました。
本事業は、カナダ最大の都市であるオンタリオ州トロント市の北西約35kmに位置するゴアウェイ発電所(天然ガス焚き出力87.5万kW)の電力を同州卸電力市場に販売するものです。同発電所では、最新鋭のガスタービンコンバインドサイクル発電設備を採用し、高効率かつ優れた環境特性を達成しています。本発電設備を運営する事業会社は、同電力市場に電力を販売する一方、カナダ・オンタリオ州電力公社から営業運転開始後20年間にわたる収入補填(注)を受けることにより、安定的な収益のもと長期にわたり電力の安定供給を行っています。
2016年7月に中部電力から事業を承継しました。

  • (注) 発電事業者が安定した営業利益を得られるよう、一定の条件を満たした場合にはオンタリオ州電力公社が発電事業者に対して収入を補填する仕組み。

事業概要

事業会社名 ゴアウェイ・ステーション・パートナーシップ
所在地

オンタリオ州トロント市(北西約35km)

マップ
発電出力 87.5万kW(2018年3月現在)
発電方式 コンバインドサイクル発電
燃料 天然ガス
運転開始 2009年6月
出資者 JERA、豊田通商

事業会社ホームページ

http://gorewaypowerstation.com/