メインコンテンツに移動

O&M / O&Mソリューションサービス遠隔監視サービス

JERA​の遠隔監視サービスとは、機器を熟知したエキスパートが、IoT技術を駆使したデータ分析による異常の早期発見・熱効率リアルタイム管理を実施することで、当社の強みである「多様な発電設備の運用保守実績と知見」から原因究明~対策実施を一貫して提案する、高付加価値提供サービスです。

List of Remote Monitoring Services

遠隔監視サービスが提供するメニュー

  • 予兆検知サービス:計画外停止によるアベイラビリティ(稼働率)の向上(不具合停止を10~20%削減)
  • 熱効率管理サービス:発電効率向上による燃料使用量の削減(年間7000万円規模の燃料費削減)

1.予兆検知サービス

従来の異常検知は、上下限固定値で警報を発生させていますが、監視するパラメータ数が多く、オペレータが異常を発見する事が困難でした。

予兆検知システムでは正常時のデータを学習させ、通常と違う状態をモデルにより算出された期待値と実測値との比較で異常を検知し、異常の初期段階でリアルタイムに検知する事が可能です。自動で検知するモデルを構築します。

本サービスの効果として、早期検知・原因特定・対策実施により、不具合停止を10%~20%改善した実績がございます。

Anomaly detection

2.熱効率監視サービス

熱効率を監視することで、現在値と目標値(=本来の値)の差をリアルタイムで見える化し、性能低下部位を早期に検知し、燃料ロスを最小限に食い止めることができます。また、それらの分析により、ユニットのヒートバランス(各設備の熱の出入り)を高い精度でシミュレーションし、最も効果的な熱効率回復対策を見極めることができます。

熱効率サービスの導入実績として、熱効率の監視により、 ユニット当たり年間7000万円規模の燃料費メリットを生み出した実績がございます。

Thermal efficiency management