インド 再生可能エネルギー発電事業への参画について

株式会社JERAは、このたび、インドの再生可能エネルギー発電事業者であるReNew Power Ventures Private Limited(以下「ReNew社」)と、当社の100%子会社を割当先とする第三者割当増資により、増資後のReNew社発行済株式の10%を取得することで合意いたしました。

ReNew社は、インド国内で風力および太陽光発電を開発・運営する同国の大手再生可能エネルギー発電事業者です。同社は、運転中の発電設備約150万kWを保有しており、現在、これに加え、約180万kWの発電設備を建設しています。同社は2011年の会社設立以降、急速に事業を拡大しており、今後も大きな成長が見込まれています。

インドは急激な経済成長を背景に電力需要は増加傾向にあります。また同国は2022年までに太陽光発電1 億kW、風力発電6000万kWを導入する目標を掲げており、ReNew社はこの目標達成のために重要な役割を果たすことが期待されています。

当社は、ReNew社の株主として、これまでに培ってきたプロジェクトの開発・運営等の経験やノウハウを活用して、ReNew社の企業価値向上に寄与するとともに、ReNew社による再生可能エネルギーの開発を通じて、インドの経済成長と環境負荷の低減に貢献いたします。

今回の事業参画は、当社の海外再生可能エネルギー事業において、最大規模となります。当社の海外発電事業の持続的な発展のためには、火力発電事業に加え、再生可能エネルギー事業への参画は不可欠であり、今後とも、再生可能エネルギーを含めた最適な発電事業ポートフォリオを構築することによって、企業価値の向上を目指してまいります。

別紙 ReNew社の概要について