2016.10.06

(仮称)姉崎火力発電所新1~3号機建設計画 計画段階環境配慮書」の送付および縦覧について

株式会社JERAは、国際競争力のあるエネルギーの安定供給、低炭素社会実現への貢献を目指し、国内の高経年化した火力発電設備を最新鋭の高効率火力発電設備にリプレースする計画を順次進めております。


このうち姉崎火力発電所リプレース計画に関して、当社は本日、環境保全のために配慮すべき事項について取りまとめた「(仮称)姉崎火力発電所新1~3号機建設計画 計画段階環境配慮書(注)」(以下、配慮書)を経済産業大臣、千葉県知事、市原市長および袖ケ浦市長へ送付いたしました。


配慮書は、10月7日から11月7日までの期間、関係する行政機関において縦覧するとともに、ホームページにて公表いたします。


配慮書について、環境の保全の見地からのご意見をお持ちの方は、当社宛に郵送にてご意見をお寄せいただくことができます。

 

当社は、今後、経済産業省をはじめとした関係各所のご指導や、地域の皆さまのご意見を賜りながら、着実に計画を進めてまいります。


  • (注)環境影響評価法に基づく全4段階の手続きのうち、1段階目に該当

<資料1>姉崎火力発電所のリプレース計画概要 [PDF 103KB]

<資料2>配慮書の縦覧について [PDF 377KB]

以上